top of page

時計修理・オーバーホールの「ビフォーアフター」

再メッキ

研磨と併せて行うことによって、メッキの剥げていた時計も美しい輝きを取り戻します。

■ UNTITLED

UNTITLED【before】

【before】

長い間使用していると、
摩耗によってメッキが剥げてきてしまいます。
同時に使用キズもたくさんついています。
これではせっかくのドレスウォッチも人前に出せず、
タンスの肥やしになってしまいます。

UNTITLED【before】

【after】

メッキをかけ直すことで、
新品の輝きを取り戻すことが出来ます。

■ UNTITLED(アップ)

UNTITLED(アップ)【before】

【before】

ただしメッキというものは、
ほんの数ミクロン程度の厚みしかありません。
そのため、ただメッキをかけるだけですと、キズはまったく消すことが出来ません。
メッキを施す前に、まず研磨することで細かいキズを取りピカピカに磨き上げておかなければなりません。

UNTITLED(アップ)【before】

【after】

完璧な研磨とメッキにより新品同様の仕上がりです。

■ LONGINES

LONGINES【before】

【before】

メッシュバンドは汗や手垢、汚れが隙間に入り込みます。そのままにしておくと変色や腐食を起こし、ご覧のような状態になってしまいます。

LONGINES【before】

【after】

再メッキ処理によりピカピカになりました。

■ LONGINES(アップ)

LONGINES(アップ)【before】

【before】

メッシュバンドの中まで変色してしまっています。

LONGINES(アップ)【before】

【after】

再メッキ処理によりピカピカになりました。

■ OMEGA

OMEGA【before】

【before】

変色してしまったメッシュバンドです。

OMEGA【before】

【after】

細部まで美しい仕上がりです。

■ OMEGA(アップ)

OMEGA(アップ)【before】

【before】

OMEGA(アップ)【before】

【after】

修理のご依頼・見積り

全ての修理は、まずお見積りから!
どんなお直しもお気軽にご相談下さい。

時計修理完了までの流れを見る

時計の修理・オーバーホールの 「タムタイム」HOME > ビフォーアフター > 再メッキ

20160414_Banner_design_s.png