top of page

時計のオーバーホール

クォーツの作業工程

実際の作業工程です。クォーツ時計の電池切れや油切れは、オーバーホールで元に戻すことができます。

■ 1.状態のチェック (BVLGARI)

状態のチェック

クォーツ時計の、ブルガリ(ソロテンポST29S レディス)のオーバーホールをご紹介します。
内部ムーブメントの油切れ、油の劣化により、電池交換を実施しても作動しない状態です。

■ 2.裏蓋開け

裏蓋開け

ブレスレットを外し、裏蓋をこじ開けというオープナーで開けたところです。

■ 3.ムーブメント取りだし

ムーブメント取りだし

リューズ、巻真を外しムーブメントを取り出します。

■ 4.針外し

針外し

針抜きという工具にて針を外します。
針や文字盤にキズをつけないよう、ビニールで保護しながら慎重に作業します。

■ 5.側出し完了

側出し完了

ケース、中枠、文字盤、針、そしてムーブメント。
大きく分けるとこれだけのパーツで構成されています。

■ 6.ムーブメントの解体(1)

ムーブメントの解体(1)

いよいよムーブメントを解体していきます。
はじめに回路ブロックを取り外します。

■ 7.ムーブメントの解体(2)

ムーブメントの解体(2)

輪列受け、歯車など解体できるものはすべて外していきます。

■ 8.ムーブメントの解体完了

ムーブメントの解体完了

解体が完了しました。
クォーツムーブメントもたくさんの細かい部品で構成されています。

■ 9.洗浄バスケット

洗浄バスケット

解体したパーツを洗浄するために、専用のバスケットに並べていきます。

■ 10.超音波洗浄機

超音波洗浄機

超音波洗浄機です。
バスケットに入れられた部品はここで洗浄されます。
特別に調合された薬品を使い、汚れた古い油分など分解し超音波により洗い流します。

■ 11.ムーブメント洗浄

ムーブメント洗浄

洗浄中の写真です。
バスケットが高速回転しているのがわかります。
部品は3つの漕で洗浄・リンス・すすぎをしたのち、ヒーターで乾燥します。

■ 12.組立て

組立て

いよいよムーブメントの組立てに入ります。
超音波洗浄機により洗浄された部品は、すでにピカピカに仕上がっています。

■ 13.組立て

組立て

技術者はピンセットを自由自在に操ることが出来なければなりません。
使用する工具は技術者自身の手によって、常に研ぎ澄まされています。

■ 14.組立て

組立て

輪列を組んでいます。
息を殺し、慎重に組み上げていきます。

■ 15.組立て

組立て

キズ見(ルーペ)で細部を確認しながら、慎重に組み上げていきます。

■ 16.注油

注油

注油しているところです。
オイラーの細い針先で数滴の油を差していきます。
歯車、箇所によって粘度の違う数種類の油を使い分けます。
油の量も正確に定められています。

■ 17.組立て

組立て

ムーブメントのカバーを取付けます。

■ 18.ネジ締め

ネジ締め

小さいネジをゆっくりと、確実に締めていきます。
ドライバーの先端はそれぞれのネジに合わせ研ぎ澄まされています。

■ 19.組立て

組立て

針回し機構の組み立てを行っています。

■ 20.組立て

組立て

カレンダー車を組み付けています。

■ 21.仕上げ

仕上げ

最終仕上げの段階です。
針回し、カレンダー送りなど微調整しながら、慎重に注油していきます。

■ 22.ムーブメント完成

ムーブメント完成

新しい電池を取付けてムーブメントの完成です。

■ 23.精度テスト

精度テスト

クォーツ専用のテスターで遅れ、進みなどの歩度、始動電圧など測定を行い最終調整します。

■ 24.針取付け

針取付け

文字盤を付けたのち、針を取り付けます。
時針、分針、秒針は決められた高さ、角度を守りながらていねいに取り付けられていきます。
(この時計は2針タイプのため秒針はありません)

■ 25.オーバーホール完了

オーバーホール完了

磨き上げたケース、ブレスレットを取り付けてオーバーホールは完了します。
※外装研磨仕上げは、別料金にてお承りいたします。

磨きの修理工程を見る。

■ 26.お届け

お届け

完成した時計は、tamtimeオリジナルボックスに入れてお届け致します。

機械式時計のオーバーホール作業工程

修理のご依頼・見積り

全ての修理は、まずお見積りから!
どんなお直しもお気軽にご相談下さい。

時計修理完了までの流れを見る

時計の修理・オーバーホールの 「タムタイム」HOME > オーバーホール > クォーツの作業工程

20160414_Banner_design_s.png