top of page

時計の修理

外装/研磨仕上げ

時計のキズや腐食をキレイに磨き上げる作業工程です。手間を惜しまない磨きの技術をご覧下さい。

■ 1.状態のチェック (BVLGALI)

状態のチェック

ブルガリ ソロテンポST29S レディスの外装キズ取り研磨の作業工程をご紹介します。

■ 2.裏蓋開け

裏蓋開け

ブレスレットを外し、裏蓋をこじ開けというオープナーで開けところです。

■ 3.ムーブメント取りだし

ムーブメント取りだし

リューズ、巻真(ゼンマイの巻上げや時刻調整を行うために必要なパーツ)を外しムーブメントを取り出します。

■ 4.ガラス外し

ガラス外し

専用工具でガラスを取り外します。
ガラスを割らないよう慎重に作業します。

■ 5.解体完了

解体完了

ケース、ガラス、ガラスパッキン、裏蓋と4つに分解されました。
ガラスの取付は接着タイプと圧入タイプがあります。
この時計は圧入タイプです。

■ 6.リューズパッキン

リューズパッキン

研磨の際、熱によって溶けてしまわないようリューズパッキンを外しておきます。

■ 7.荒磨き

荒磨き

まず、サンドペーパーを使い荒磨きをします。
これによりすべての使用キズを消していきます。

※写真を撮り忘れたため違うモデルの写真を使用しております。ごめんなさい。(汗)

■ 8.荒磨き

荒磨き

サンドペーパーは粗いものから細かいものまで、順番に使って磨き込みます。

※写真を撮り忘れたため違うモデルの写真を使用しております。ごめんなさい。(汗)

■ 9.荒磨き

荒磨き

ケースのくぼみやラグの後ろも、ペーパーを使い磨き込みます。根気のいる作業です。

■ 10.荒磨き

荒磨き

リューズチューブが邪魔をしますがめげません。
丹念に磨き込みます!

■ 11.荒磨き完了

荒磨き完了

磨き込みの結果、ほとんどのキズを消し去ることが出来ました。
だたし中には深いキズや打痕キズは消し切れないものもあります。残念ですが…。。

■ 12.艶出し研磨

艶出し研磨

ペーパー研磨によりキズは消えましたがケースはまだ、つや消しの状態です。
ここからは研磨剤を使い艶とテリを出していきます。
ここからが本番です。

■ 13.艶出し研磨

艶出し研磨

大型のバフを使い磨いていきます。
バフの回転速度を調整しながら艶をだしていきます。
研磨は技術者の経験と勘で艶を出していきます。
なんと言っても経験がモノを言います。

■ 14.艶出し研磨

艶出し研磨

大型バフで磨くことの出来ない部分は、ハンドリューターを使い磨いていきます。
研磨はとにかく根気のいる仕事です。
この苦労は「やった者にしか解らない!」とのことです。

■ 15.仕上げ研磨

仕上げ研磨

最終仕上げの段階です。

■ 16.ケース研磨完了

ケース研磨完了

ケースの研磨が完了しました。
洗浄し、ガラスとチューブパッキンを取付けたら、ケースの完成です。
曇りのない美しい仕上がりです。

■ 17.裏蓋の研磨

裏蓋の研磨

裏蓋もキズの多い部分です。但し、磨きすぎると刻印が消えてしまうため小キズを消し、照りを出す程度しか磨くことが出来ません。

※写真を撮り忘れたため違うモデルの写真を使用しております。ごめんなさい。(汗)

■ 18.ブレスレットの研磨

ブレスレットの研磨

ブレスレットもケースと同様にペーパーで荒磨きを行ったのち、ハンドリューターで研磨材を使い磨き込んでいきます。

■ 19.ブレスレットの研磨

ブレスレットの研磨

ブレスレットの磨きはケース以上に時間が必要です。
1コマ1コマ丁寧に磨いていきます。

■ 20.ビフォーアフター

ビフォーアフター

左半分は磨く前、右半分は磨き後です。
どうですか?
研磨するとこんなにもキレイになるんですよ!

■ 21.引き続き研磨

引き続き研磨

残り半分です。
気合いをいれて頑張ります。

■ 22.ブレスレット研磨完了

ブレスレット研磨完了

ブレスレットの研磨が完了しました。

■ 23.ブレスレット研磨完了

ブレスレット研磨完了

超音波洗浄にて研磨材を完全に取り除きます。

■ 24.組み立て

組み立て

それぞれのパーツを組み立ててすべて完了です。
ケースもブレスレットもピカピカに磨き上がりました。

■ 25.お届け

お届け

完成した時計はtamtimeオリジナルボックスに入れてお届け致します。

修理のご依頼・見積り

全ての修理は、まずお見積りから!
どんなお直しもお気軽にご相談下さい。

時計修理完了までの流れを見る

時計の修理・オーバーホールの 「タムタイム」HOME > 修理 > 外装/研磨仕上げ

20160414_Banner_design_s.png