top of page

時計の修理

再メッキ

再メッキの作業工程です。磨きと併せて行うことで、キズの無いピカピカのメッキが甦ります。

写真
写真

再メッキや研磨で新品同様ピカピカに。

■ 1. 外装洗浄

■ 2. 薬品による古いメッキの剥離

剥げたり腐食してしまった古いメッキを、
薬品を使い剥離させます。
※下記の注意事項をご覧下さい。

■ 3. 外装研磨仕上げ

メッキは数ミクロン程度の厚みしかないため、
ただメッキをかけるだけではキズを消すことが出来ません。
そのため、メッキを施す前に研磨を行ってキズを取り除き、
ピカピカに磨き上げておく必要があります。

■ 4. 再メッキ

再メッキご依頼についての注意事項

再メッキのフロー図

ケース、ブレスレットの素材がステンレス以外である場合、
(2)の工程において、使用する薬品が素材を溶かしてしまう恐れがあります。

真鍮、亜鉛合金などの素材で出来ている時計は再メッキ不能として
お断りする場合がありますのでご了承下さい。

修理のご依頼・見積り

全ての修理は、まずお見積りから!
どんなお直しもお気軽にご相談下さい。

時計修理完了までの流れを見る

時計の修理・オーバーホールの 「タムタイム」HOME > 修理 > 再メッキ

20160414_Banner_design_s.png