時計についてのいろいろをお話する、ちょっとためになるブログ。

世界の時計見本市【バーゼル・フェア】ご紹介

バーゼル・フェア (BASELWORLD、バーゼルワールド) は、スイスバーゼルにて毎年3月、4月頃に1週間かけて行われる世界最大の宝飾時計見本市。現在のような形式になったのは1972年である。

MHグループの子会社であるMCHスイス エキシビション(MCM SWISS EXHIBITION)が主催している。
〜Wikipedia〜より

名だたる宝飾ブランドと共に、世界の時計ブランドもたくさん出展する、時計の見本市です。

一般の人も入れることは入れますが、商談がメインの展示会。
 

[ Wikipedia より]

1990年代の時計業界再編の波で、結構な数の有名高級ブランドがジュネーブ・サロンへ移動し苦戦していると当時日本の時計ジャーナリズムでは伝えられたが、入場者数に目立った減少はなく、むしろ2007年に入場者10万人を突破してからは、入場者記録を更新し続けている。

その原因としては、元来バーゼルを重視してこなかったSMH(現スウォッチ)グループがフェアに新製品発表の場所を移したこと[2]、ジュネーブサロンでの非リシュモングループの会社(中小高級時計ブランド)へのお世辞にも良いとはいえなかった待遇[3]、21世紀に入ってからの世界的な機械式時計市場の活況によるお祭りムードの盛り上がりなどが挙げられる(ただし、アラン・シルベスタインのように商業主義化を嫌って離脱したメーカーも一部にはある)。

ただし、時計価格全体の高騰、有力な顧客だった中国マーケットの停滞[4]などの事情からジュネーブ・サロンも近年は態度を軟化させており、ウルベルク英語版リシャール・ミルなどの新規高級時計メーカー・独立時計師の参加を認めたばかりか、2017年には最終日のみながら事前登録した一般客の有料での入場(70スイス・フラン)を認めるに至った[5]。ソーウィンドグループは2013年度からバーゼルへと発表の場を移したものの、2017年にジラール・ペルゴがジュネーブに復帰している。ケリンググループからもユリス・ナルダンが同年ジュネーブへ復帰した。2018年にはエルメスがジュネーブへ移行した。

baselworld02.jpg

baselworld01.jpg
http://ur2.link/OTLk
 JP wikipediaより

baselworld03.jpg
https://www.luxurysociety.com/en/articles/2018/03/baselworld-insights-2018/

baselworld04.jpg

スウォッチグループ(Swatch Group)は「バーゼルワールド(Baselworld)」への

出展を今後取り止めると発表
http://ur2.link/OTK4
出展:FASHION NETWORK


baselworld05.jpg
http://www.executivestyle.com.au/best-of-baselworld-2018-13-of-the-most-talkedabout-watches-in-the-world-h0y35j

 

tamtime
田村時計工作所

田村

« 新年あけましておめでとうございます! |メイン| 2019年 新年のご挨拶 »

記事を検索

カレンダー