時計についてのいろいろをお話する、ちょっとためになるブログ。

世界的な時計宝飾展をご存じですか?

店長の田村です。
いつも【tamtime】をご利用いただき、誠にありがとうございます。


皆さん「バーゼルワールド」という毎年春にスイスで行われる“世界的な時計宝飾展”をご存じでしょうか。

baselworld09traditionpr_lrg[1].jpg

当初は自国スイスの産業のための展示会だったらしいのですが、
今では世界中から出展できるようになったそうです。

期間中の八日間に約十万人の入場者があり、
各社の重要な新製品が発表されるマーケット場になっていることから、
マスコミ関係者も多い展示会なのです。

Baselworld-Geneve-Basel-6793.JPG_effected[1].jpg baselworld-2008-10062[1].jpg

 

世界45カ国から2109社もの出展がありますが、
時計は342社(全体の16%)で展示面積の55%を占めているとか。


ヨーロッパからの出展は1377社で、
なかでもスイス422社(全体の20%)に達し、展示面積の46%を占めてしまうほど。

 

日本円で約4500円の入場料を払えば誰でも会場に入れるようなのですが、
あくまで商談会のため、出展ブースの方針で取引先にしか見せないモデルがあるとのことです!

 

バーゼルで時計フェアが開催されるようになったのは、
バーゼルの地理的立地が大いに反映しているとのこと。


スイスの輸出品は(1)化学品35% (2)機械(電気機器を含む)22% (3)精密機器・時計装身具18%とあるようにスイスにとっては機械類の輸出が重要で、
早くから「貿易フェア」が開催されていたようです。

 

下にバーゼルワールドの歴史を簡単に書いてみました。

「貿易フェア」に時計メーカーが初めて参加したのは1931年
59社が参加し「スイス時計パビリオン」が出現
73年には参加者は欧州全体に広がる
84年には「貿易フェア」は「スイス産業技術展」に解明され、
時計宝飾部分が分離されて「ヨーロッパ時計宝飾店=バーゼルフェア」になったが、
86年からは門戸は応手以外にも解放され、
03年からは「バーゼルワールド」に改称された。

 

p>

 
上の動画は展示会の様子です。
機会があれば是非行ってみたい展示会ですね。

« 2011 あけましておめでとうございます |メイン| 幻の時計メーカー »

記事を検索

カレンダー